フレンチ高級レストランでのワインの頼み方

2018年7月9日 オフ 投稿者: frenchwinesbulletin

ワインの頼み方一つで恥をかくことも

フレンチレストランで定番の飲み物はワインです。好みで選ぶ方も少なくないですが、注文方法一つで恥をかいてしまうことも珍しくありません。

特に高級レストランへ行く時はスマートに注文するのが望ましいでしょう。ワインの注文方法には法則があります。その法則を抑えておけば、恥をかく心配もありません。

フレンチワインはボトルよりグラスで頼むのがおすすめ

ワインを注文する時、料金ならボトルのほうがお得ですが、慣れていないならグラスでの注文をおすすめします。ボトル一本を楽しむも悪いことではありません。しかし、自らワインを注ぐなど、レストランでのタブーを犯す可能性もあります。

また、色んな銘柄を注文するのもワインの楽しみ方です。フレンチワインも色んな銘柄がありますので、グラスで注文しそれぞれの風味の違いを味わってみてはいかがですか?

肉料理には赤ワインを合わせる

フレンチのコースなどでメインディッシュに肉料理を注文した時は、迷わず赤ワインをチョイスしましょう。肉料理に赤ワインは定番中の定番です。ステーキなどのお肉は、少々濃い目に味付けされているため、それに負けない風味のワインを選ぶ必要があります。

特にフルボディ(渋みや味が重め)のワインは肉料理に最適です。お肉の濃い味付けに負けない風味を持っています。どのワインを頼めばよいのか悩んだ時は、店員やシェフにおすすめ銘柄を選んでもらいましょう。それぞれの肉料理に最適なワインを提供してもらえますよ。当サイトではフレンチワインに合うチーズも紹介してますので

魚料理には白ワインを頼む

一方、メインディッシュに淡白な味わいの魚料理を選んだ場合、パンチの利いた赤ワインは不向きです。魚料理の味を壊さないためにも、同様に口当たりが軽めの白ワインを頼むようにしましょう。こちらも定番の頼み方です。

魚料理と白ワインの組み合わせは相性が良く、魚・ワインそれぞれの味わいを阻害しません。しかし、料理の味付けによって甘口・辛口のチョイスは変わります。肉料理と同じように、悩んだらおすすめの銘柄を聞いてみましょう。

料理に合わせてワインを選ぶのが一番大事

フレンチレストランへ行ったら、ワインはグラスで注文するのが基本です。ボトルで頼む方もいますが、ワイン選びに長けていなければグラスが良いでしょう。

ただ、サイズよりも重要性の高い要素が赤・白のチョイスです。人それぞれの好みはありますが、肉料理に赤ワイン、魚料理に白ワインの組み合わせが定番のため、この基本は守るようにしましょう。